スーツの人達

快適な環境でお仕事|オフィスチェアを厳選しよう

レイアウト検討の重要性

事務所

事務の効率化

オフィスレイアウトを検討することは、会社内部における効率化や訪問客に対する接客、従業員の労働条件の確保など、様々な面からみて重要なことです。一般的に、オフィス内では、窓際に管理監督者が座り、出入り口側に向かって従業員が座っている形です。管理監督をする者がオフィス内全体を見渡すためには、このようなオフィスレイアウトが効率的と言えます。ただ、重要なことは業務上の管理監督が適正に行われることだけではありません。効率的に事務が処理されていくためには、事務の流れを踏まえたオフィスレイアウトが重要になるのです。その際に気を付けなければならないのが、従業員や訪問客などの動線です。どのような動線を描くかで効率化に直結します。

労働環境の維持

さらに、最近ではオフィスレイアウトの問題が労働条件にまで波及することがありますので、会社としては注意しなければなりません。管理監督面や効率性だけでオフィスレイアウトを考えると、従業員の労働条件の悪化を招く可能性があるからです。例えば、照明の明りが適切に入ってくるような場所になっているかどうか、机と壁の間に適切なスペースが確保できているかどうかなど、従業員が労働しやすい環境に置いておくことが雇用者の義務となっています。オフィスレイアウトを検討するうえでは、雇用者の立場に立って検討することも大事な視点と言えます。ですので、オフィスレイアウトを変更する際には、実際に働く従業員の意見を聞いたりすることも重要です。